黒ラブ☆マリンとアンジュ

黒ラブ1999年生まれのマリンと2003年生まれのアンジュの親子日記

Entries

雨の休日

今日は朝から曇り空・・・
午後からは雨が降りだしずっと降り続いているマリン・アンジュ地方です。

今週は久しぶりに何処へも行かない!
と決めてました(笑)
雨の予報だったし、結構週末はバタバタすることが多く
家でゆっくりする日も良いかなと(^^)

朝も少し遅めにスタート。

20160213ange1.jpg

20160213ange2.jpg

今日もずっと下を向いた写真ばかりです(^_^;)

20160213ange3.jpg

20160213ange4.jpg

珍しく朝のお散歩で2回のうんP。
2度目はちょっとだけ緩めでしたが特に問題なさそう。

20160213ange5.jpg

20160213ange6.jpg

朝散歩は雨に降られずに済みました。

今日はその後色々と掃除や片付けを1日やってました(^^)
ゆっくりしようと思ってたけど
やっぱり貧乏性なのでしょうか(笑)

午前中にちらっとお客様が来てくれて
アンちゃんにおやつを頂き、尻尾ぶんぶんでおもてなし♥

その後はワタシが掃除をしているもんだから
おやつ食べたり寝たりを繰り返し・・・

今日は退屈だったんみたいだね。

夜はまたマリンちゃんの匂いのする枕でおやすみ・・・

20160213ange7.jpg

祭壇周りも片付けようと少し整理しました。
あっ、骨壺もやっとネットでぽちりました(笑)
一緒にアンジュのも買う?
と思ったけどまだ買ってません。
お揃いで買っとこうかな・・・
いずれは必用なんだもんね・・・

20160213_1.jpg

マリンの写真をセピア色で印刷してみたり・・・

最後の最後まで使ったマットをやっと洗ったり・・・

20160213_2.jpg

むにゅマット、優れモノでした(^^)
旅立つ数時間前までこのマットの上で立てました。

少しずつですがマリンのものも片付けていってます。

ところで虹の橋のお話って有名ですよね。
その続きに「虹の橋のたもと」のお話と
「雨降り地区」のお話があるってワタシは知らなくて。

マリンの旅立った日にそのお話を知りました。

このお話に少し心が救われたような気がしました。
いつまでも悲しんでいてはマリンも困っちゃうねって(笑)


~雨降り地区~
「虹の橋」の入り口に、
「雨降り地区」と呼ばれる場所があります。
そこではいつもシトシトと冷たい雨が降り、動物達は寒さに震え、
悲しみに打ちひしがれています。
そう、ここに降る雨は、残して来てしまった誰かさん、
特別な誰かさんの流す涙なのです。

大抵の子は半年もしないうちに、暖かい日差しの中に駆け出して、
仲間と戯れ、遊び、楽しく暮らす事ができます。
ほんの少しの寂しさと、物足りなさを感じながらも…。

でも、1年経っても2年経っても、ずっと「雨降り地区」から、
出て行かない子達もいるのです。

地上に残して来てしまった、特別な誰かさんがずっと悲しんでいるので、
とてもじゃないけれど、みんなと楽しく遊ぶ気になれないのです。
地上に残して来た誰かさんと同じ辛い想いをして、
同じ悲しみに凍えているのです。

死は全てを奪い去ってしまうものではありません。
同じ時を過ごし、同じ楽しみを分かち合い、愛し合った記憶は、
あなたの心から、永遠に消え去る事はないのです。
地上にいる特別な誰かさん達の、幸せと愛に満ちた想い出こそが、
「虹の橋」を創りあげているのです。

ですからどうか、別れの悲しみにだけ囚われないでください。
彼らはあなたを幸せにする為に、神様からつかわされたのです。
そして、何よりも大事な事を、伝えにやって来たのです。

命の儚さと愛しさを。
束の間の温もりに感じる、慈悲の心の尊さを。

その短い生涯の全てを以って、教えてくれるのです。
癒える事のない悲しみだけを、残しに来るのではありません。

思い出してください。

動物達が残して行ってくれた、形にも、言葉にもできない、様々な宝物を。

それでも悲しくなったら、目を閉じてみてください。
「虹の橋」にいる、彼らの姿が見えるはずです。

信じる心のその中に、必ずその場所はあるのですから…。



いつか書こうと思ってたんだよね。
このお話に心が救われる人もいるんじゃないかと。
みんな知っているお話しだったかな~

明日も雨予報・・・
もう一日ゆっくりするか~(笑)

いつもご訪問ありがとうございます♪
ランキングに参加しています♥
頑張るアンジュに
ポチッとお願いしま~す!(^^)!



にほんブログ村


スポンサーサイト

Comment

知らなかったです 

昨日たまたま散歩でお喋りするおじちゃんに「わんこが亡くなって、ずっと悲しんでるとわんこが成仏できないんだよ」って言いはりました。そしてこのお話読んで、なるほどと…
空が虹の橋に行くときは、ずっと泣かないようにしようなんて思いました…が、そう簡単なことではないだろうとも思います…
  • posted by 空ママ 
  • URL 
  • 2016.02/14 05:59分 
  • [Edit]

 

良いお話しをありがとうございます。頭では分かってるつもりなのになかなかコントロールが出来なくて…情けないです。少しずつ進もうと思います。
  • posted by ラッキーラブ 
  • URL 
  • 2016.02/14 06:14分 
  • [Edit]

虹の橋 

こんにちは。

私もアンディを亡くしてから他の方から「虹の橋」の話を聞いたので検索したら下記のサイトで見つけました。

http://www.petloss21.net/

インターネット墓地には驚きましたが無料なので登録して弔問しています(笑)

亡くなった仔達は思いででこれからも癒してくれますよね(^^♪

 

ありがとう!
心落ち着くお話でした。
レノが亡くなった時に、
友達から「溢れる涙は愛の証です」ってメールをもらった時に
とても癒されたことを思い出しました。
  • posted by レノまま 
  • URL 
  • 2016.02/14 19:50分 
  • [Edit]

空ママ さんへ 

知らない方が多いみたいですね!
私も知らなかったし。
愛する仔の旅立ちに悲しみが無い人なんていません。
だから一杯泣いて一杯悲しんでいいと思うのですよ(^^)
でもその事で何も出来なくなって周りに心配されるようには
なってはダメなんだと思います。
お空に旅立った仔達はずっと天から地上のみんなの事を見守ってくれていると
思います。だからその仔達が心配しないように・・・ね(*^_^*)
と思って日々を過ごしてます。

いつもコメントありがとうございます♪
  • posted by tomo 
  • URL 
  • 2016.02/14 22:03分 
  • [Edit]

ラッキーラブさんへ 

そうですね。
頭で分かっていてもそう上手くコントロールできないですよね・・・
それが普通なんだと思います。
情けなくなんてないですよ~
旅立った仔を想う事は良い事です。
いつまでも忘れないでずっと思う事が一番の供養だと思います。

そして一歩一歩ゆっくり進みましょう~!

いつもコメントありがとうございます♪
  • posted by tomo 
  • URL 
  • 2016.02/14 22:07分 
  • [Edit]

アンディパパさんへ 

私もブログを始める前にインターネット墓地を
テレビだったかな、見て知ってました。
その時はまだマリンもアンジュも元気で
へ~そうなんだぁ・・・って思ってましたが
その時が来ちゃいましたね(^_^;)

私も登録しようかな(*^_^*)
お知らせくださりありがとうございます♪

ほんとですね。
たくさんの楽しい思い出が癒してくれます♥

いつもコメントありがとうございます♪
  • posted by tomo 
  • URL 
  • 2016.02/14 22:11分 
  • [Edit]

レノまま さんへ 

ほんとに心が温まるお話ですよね。
霊園で頂いた紙に書いてあるのを読んで初めてしって
あ~悲しみを引きずってはいけないなと思いました。

「溢れる涙は愛の証です」
素敵な言葉ですね!
レノ君も沢山の愛に包まれていらしたんでしょうね(^^)

同じ年に虹の橋1年生になったふたりは会えたでしょうかね~?!

いつもコメントありがとうございます♪
  • posted by tomo 
  • URL 
  • 2016.02/14 22:15分 
  • [Edit]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

左サイドMenu

プロフィール

tomo

Author:tomo
お母さんのマリン(右)♀ 娘のアンジュ(左)♀

マリン


アンジュ(左)2003年4月7日生まれ♀
アンジュ

最新記事

最新トラックバック

フリーエリア